ココロの最適化

家庭・仕事・学校など実生活の人間関係最適化を目的とし、私個人の経験や日々実践していること、歴史から学ぶ教訓などを発信していきます。

ミスからチャンスを掴め!

どうも、Mirrorsです。

 

みなさんは、この言葉をご存じでしょうか?

領は倒るる所に土を掴め】

これは、【ずりょうはたおるるところにつちをつかめ】と読みます。

この言葉は、平安時代の強欲な受領(領主)のことを表しており、彼らはたとえ転んで

倒れこんだとしても、そこでも必ず利を得ようとする利益への執着心を表現した内容

となっています。

もちろん、これは、強欲=悪という(実に日本的な)考えの元作られた言葉であり、

基本的には良い意味で使われることはありません。

しかし、私自身はこの言葉が大好きで、非常にポジティブにとらえています。

というのも、内容自体に関して言えば、失敗やミスから何かを得ようとする前向きさを

感じ取ることが出来ますし、ただでは転ばないという強い信念を感じます。

そもそも、転んで倒れてしまった(ミスや失敗をしてしまった)のにも関わらず、何も学

ばず、何も得られていないことの方が、よっぽど問題であると感じます。

 

ミスや失敗は誰しも避けたいし、ミスしない方が良いに決まってます。

しかしミスをしなければ人間は成長しないし、学びを深めることはできません。

大切なのは、ミスからどんな些細なことでも良いので、ヒントを得るということ。

こういう視点を持って人生を送る人間は、失敗から自分をアップデートすることが

出来るので、毎日確実に進化していくことができるのです。

 

f:id:Mirrors:20191222215021j:plain

 

とにもかくにも、たくさん失敗してたくさん学んで、自分を高めて行きましょう!