ココロの最適化

家庭・仕事・学校など実生活の人間関係最適化を目的とし、私個人の経験や日々実践していること、歴史から学ぶ教訓などを発信していきます。

逆張り思考

こんばんは!Mrrorsです。

 

コロナウイルスの影響もあり、大変なことになってますが、

みなさん調子はいかがでしょうか?とにかく栄養・睡眠をたっぷりとって、

乗り切っていきましょう!!

 

本日は、逆張り思考についてお話します。

 

逆張りは、株式投資やFXなどの手法の一つです。

簡単に言えば、下落局面で買い、上昇局面で売るというように、

市場の流れに対して、あえて逆行していくというスタンスになります。

上手く利用できれば非常に大きなリターンを得ることが出来る反面、

タイミングを見誤ると大きな痛手を被ります。

とまあ、、、投資に関して言えば、なかなかリスキーな手法ではあるし、

基本的には、順張り(市場の流れに乗る)の方が、ベターなんだと思います。

 

しかし、仕事やビジネスの中において、順張りだけの長い物には巻かれろ!的な

スタンスに特化すると、一方向からの物の見方しか出来なくなってしまいます。

 

というのも、基本的に私たちの生きている社会では、大きな流れや強い力が働く

方向に物事が進んでいくことが多く、特に、会社などの組織に属していると、

より地位や階級が高い人の考えや多数派の意見によって、方針が決定してしまうことが

ほとんどです。もちろん、正しい方向に向かって進んでいるのであれば、全く問題

無い訳ですが、、、そうならない場合、もしくは、途中から雲行きが怪しくなる

ようなケースは残念ながらよくあります。

特に、YESマンばかりの会社では、一度進みだすと歯止めが効かない為、気づいたら

とんでもない損失を出していたなんてことになりかねません。

 

そうならない為にも、あえて流れに逆らった見方をしてみる必要があるのです。

ここで言う逆張りとは、会社の方針に対して、大っぴらに盾突いて従わないという

ことでは無く、その方針の弱点や問題点を自分なりに考えておくということに

なります。

このような両面思考を実践してるビジネスマンは、実際は非常に少なく、

多くの人は、会社の方針が間違っていたり、たとえトンチンカンであっても、

特に何も考えず受け入れたり、不満があっても居酒屋で愚痴る程度で終わりです。

もちろん、上からの命令や指示に従うのは、サラリーマンであれば仕方無い部分も

ありますが、流れに身を任せて、思考することを止めてしまえば、何れは淘汰されて

いく運命となります。

 

何事も、光と影、陰と陽、表と裏、そして順張りと逆張りのように、二面性がある。

その両面を見極めてしっかりと判断できる人間になれれば、仕事だけでは無く、

人生における全ての事柄を好転させることが出来るのではないかと考えています。

 

長くなりましたが、最後にカリスマホストのローランドさんの言葉を紹介して、

今回のテーマを終了したいと思います。

 

NO(ノー)が言えない人のYES(イエス)に価値は無い。

 

何でもかんでも、YESしか言えない人は要注意です!

 

それでは、また!!