ココロの最適化

家庭・仕事・学校など実生活の人間関係最適化を目的とし、私個人の経験や日々実践していること、歴史から学ぶ教訓などを発信していきます。

臆病バンザイ

おはようございます。

Mirrorsです。

 

みなさんは、臆病と聞いて、何を思い浮かべますか?

一般的には弱虫や怯え、みたいに捉えられていますよね。

 

「お化けを怖がる臆病者」、「臆病になり勝負を避ける」など。

 

どちらかと言うと、マイナスなイメージが強いですよね。

 

ただ、その影にプラスの可能性が隠れているので、今回はそこに注目して記事を書いていこうと思います。

 

臆病になる=準備を怠らない

”自信がほど”。自信というものは時に足下をすくう原因にもなります。

 「まぁ大丈夫でしょ」になりがちなんです。

 

しかし、臆病な人はここで、

「心配だ。もう一度確認しておこう」に変わります。

 

根拠のない大丈夫は不安を募らせますし、問題に繋がる可能性もあります。

 

私は、臆病な人こそ真面目な人だと考えています。

チェックを怠らないことで、問題発生の危険性を抑制できますし、不安の時に起きる悪いドキドキも感じなくて済みます。

 

ただ、過度なチェックは逆効果になるのでご注意を!

私は過度に気にし過ぎて、苦しんだ人間の一人なので、、、。苦笑

 

 

この癖を短所だと捉えている人は、自分の長所だと考えてプラスに変えて良いと思います。

 

これからの時代は、臆病な人が生き残っていく時代!!

私はこう考えています!!